外の空気を感じ、自然の優しさに癒されるウォーキング

中間管理職として、職場の上司の指示を部下に実行してもらう立場でした。
その指示が必ずしも重要なものではなく、上司の細かい性格によるものが多くありました。
部下の仕事の負担が大きいと感じましたが、上司の指示を否定するわけにもいかず、そのジレンマからストレスを抱えました。
家に帰るとそのことが頭から離れず、ストレスをますます膨らませていることに気づきました。
ウォーキングが良いと聞き歩いてみると、自然の優しさが感じられました。

春には、桜のトンネルを歩き、夏には海浜公園の波の音をぼんやり聴き、秋には空を飛ぶ白鳥の姿を美しいと感じました。
インターバルで早歩きをし、自分の呼吸を意識しながら、時々深呼吸をして歩くと、少しずつ前向きな気持ちになりました。
友人にも相談し、「人事異動があれば今の悩みはなくなるよ。
ずっと続くものではないよ。」とアドバイスをもらいました。
「スカッと」というほどではないものの、それなりに楽にはなりました。

防音設備が整っている住宅なら周辺の騒音なども気になりませんが、普通の住宅などはそこまで防音効果がないので周りの音が気になることも多いです。
それが一時のことだけなら我慢も出来ますが、毎日のように騒がれてしまったりするとそれが気になってきます。
だからと言って、直接文句などを言えば今度はいらぬトラブルに成りかねずそうなるとますます騒音が気になりだしてイライラと過ごすことになります。

そこで、対策方法としていくつか行ってきました。
まず、騒音が気になるなら同じ音で消してしまうのが一番なので、音が気になると感じたら音楽などをイヤホンやヘッドホンで聞くといいです。
これもイヤホンなどは遮音性が高いものがよく、かける音楽もリラックスできる音や自然音がおすすめです。
他にも耳栓や防音用のイヤーマフなどもあるので、こちらも使うことで少しは気になる音を軽減出来ます。
実際にこの方法を試してみると、音楽などは気も紛れます。

綺麗を諦めないあなたのブラ&ショーツセット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です